リスニング 勉強方法

はじめに

 

このサイト、リスニングの勉強方法では
英語のリスニング(言語の聞き取り)の勉強方法とコツ
テーマにまとめました。

 

リスニングの勉強中

 

特に中学生レベルにしか
英語を勉強していなかったような初心者の方でも
分かりやすく理解していただけるようにと
できるだけ丁寧な説明を心がけました。

 

 

 

すでにTOEICや英検などである程度勉強していたり、
英語圏の国や海外に興味をお持ちならより効果を感じられると思います。

 

 

ぜひ参考にして頂ければ嬉しいです。

 

 

英語の勉強を始めて、多くの人がつまづくのがリスニングです。
「 何か簡単なコツか効果的な勉強方法があればなぁ… 」
と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

 

文法や単語は記憶すればできるようになり、勉強法もありますが、
耳の能力というのは、そう簡単に開発できません。
特に大人(中学生なども)になってから、
小さな頃から聞きなれていない音を聞き取るのは、 至難の業なのです。

 

 

 

例えば、よくある問題に「らりるれろ」とR、Lの違いがあります。
RとLは英語ではまったく違う音ですが、
私たちの母語である日本語にはない音なので、
私たちの耳に入ってくるときに、
「らりるれろ」の音に変換されてしまうのです。

 

 

そうすると、
例えばいわゆるカタカナ英語的に「ロック」となってしまいますが、
それが

  • Rock(ゆする)なのか
  • Lock(鍵)なのか

が判断できなくなってしまうのです。

 

 

 

また、同じような例は英語の大変特徴的な音「th」にも当てはまります。
日本語ではサンキューなどどうしてもサ行で表現していますし、
そう聞こえてしまいます。

 

 

リスニングができないと、正確に発音することもできず、
会話全般が苦手になってしまいます。
せっかく英語を勉強していても、
会話ができないとあまり意味がありませんよね。

 

 

そんなリスニングが苦手なみなさんに、
これから勉強方法のコツをお知らせしていきたいと思います。

 

 

30日で英語がペラペラになる一番カンタンな方法

英語で話せるようになるために以下のものは必要ありません。

・教科書
・単語帳
・ノート
・鉛筆
・参考書


必要なのは会話に徹底的に集中することです。

具体的に言えば「質問」に対する「答え」が自然と出てくるようになればいいのです。
これにはクエッショニングという音声を使った学習法が有効です。


1日20分の音声を30日間聞く


このシンプルな学習法だけで周りから羨ましがられるほど英会話がペラペラになり、外国人の彼氏や彼女ができるほどコミュニケーションがストレスなくできるようになります。

もしあなたが6ヶ月以上勉強して英語が話せるようになっていなければあなたの勉強法は間違っています。



クエッショニング英語学習法を超初心者向けに作られている教材を紹介しますので一度この方法を試してみてください。

>>こちら